デート・食事・セックスに誘うときの成功法則とは

人間が好きなものの話をしている際、無条件で楽しい理由としてその好きなものを意識的にイメージしている場合もありますし無意識的にも必ずイメージしています

とくに女性は男性に比べ、理屈ではなく慣性で物事を判断しますので左脳ではなく右脳から物事を考えています

つまり、会話を理屈よりイメージで捉えているのです

ですから、好きなものを聞かれたなら、素直に好きなものをイメージします

つまり、“正の慣性”が脳内に生まれます

その状態で、誘いをかけると誘いを断られる可能性を限りなく下げることができます 食事に誘うなら、好きな食べ物をイメージさせてから、デートに誘うなら、好きな場所をイメージさせていから、ホテルに誘うなら、楽しい気持ちいい行為(これはあくまで自然に)イメージさせてから、何を誘うにも、正の慣性を脳内に巡らせてから誘った方がいいのです

このページの先頭へ