褒める・ごり押しは2流のすること!女性に深く愛してもらうために私がしていること

女性に対しては押しの一手が一番とか、褒めまくるのが一番と言われますが、これは2流のやることです

まあ、下手に口下手だったり、心理の本質やそれなるのテクニックが無いならこうした方が下手な鉄砲数打ちゃ当たるというだけの理論です

ですので、当然私は押しの一手も褒めまくることもしません

それよりもはるかの効果的な距離を保って褒める言葉を選びます

最終的に深く女性を支配したいなら、まず早い段階で簡単に“好き“や”愛している“というニュアンスの言葉はNGです

その場早くSEXがしたいレベルであれば効果的な女性もいますが基本的に長くきちんと落としたいなら使わない方がいい言葉です

まあ、当然ですが、そんなことを簡単に軽く言ったならもし一時的に落ちても、“そういえばこの人はすぐ簡単に好きと言ってきた・・・“と疑いはじめます 疑われだすと、自分からもボロが出る可能性もありますし(何かある場合は)

その疑いを晴らすのもなかなか大変です

効果的なのは、相手をある要素を秘めた言葉で褒めることです

ただ、褒め言葉で押す訳でも、単純なキレイ、可愛いという褒め言葉を使う訳でもありません

まず、あなたが落としたいと思った女性はきっと美人なはずですからそんな言葉は聞き慣れているでしょう

まあ、言えば好感も得られますし、相手も悪い気はしません

でも、それでは一般の男と同じことしか言えない

同じレベルの男で終わる可能性が高いです

効果的な褒め言葉は、適度な“謎“”クエスション“を入れることです

例えば、
“どうせよく可愛いって言われてるんでしょ?”
とか
“キレイなのか、可愛いのか、結構その境界線が難しい顔だよね”
とか
“そこまで顔が美人じゃなかったらそく口説いたのに・・・”
という感じです

明らかに褒めてはいるが、相手に何らかの???を与えています

そうすることで、その言葉のインパクトともにあなたのことが心に残ります

距離感もこんな感じの“謎”な距離感が一番相手に自分を意識させられます

女性を根から落とすのに一番必要なことは誰よりも愛を強く伝えることではありません
(これがそもそも間違いの押しの一手です)

付き合ったり、恋人同士になる前に何より重要なのは、とにかく1秒でも長く、多く、会っているときも、そうでないときも自分を意識させることです 恋人同士になった後もある程度は重要で有効ですが恋人同士になった後に謎や距離感を与えると女性は不安と寂しさを覚え、それを埋める行動に出てしまう可能性があるので、ちょっと勝手が変わってきます

ですので、これは付き合ったりする前、口説いていく段階での話しです

とにかく自分を意識させること

そのために謎を含んだ褒め言葉や、謎を含んだ愛の伝え方をするのです

好意をストレートに簡単に告げたり、変に会いたいというのを強調したりするよりとにかく相手に自分のことを考えさせる要素や距離感を保ち、“この人は私のことが好きなのかな?”と疑問に思わせ、意識させるとにかく長く意識方させる方が、最終的に深く落とすためにはより効果的です

その距離感で適度にかまっていくと、必ず相手からあなたを求めてきますからホテルに誘うことも、愛を告げる必要もなくなります。相手の性格によっては、ストレートに「私のことどう思っているの?」的な質問をしてくることもあるでしょう

そういう質問がきたら、まあここでまた謎を与えてもいいですがストレートに「好きだよ」と、サラリと即答すると、完全に落ちます

恋愛は駆け引きというのは、まさにここです

愛を先に告げて、押しの一手は2流のやることです

そんなものは、本当にそのままの力技です

もし、OKをもらえても、
「まあ、嫌いじゃないし付き合ってみようかな」
というスタートになりますのでその恋愛の主導権はどうしても女性になります

まあ、そこから謎を与えて、うまく逆転させることもできますがそれができるなら、はじめから駆け引きを制して相手を意図的に落とした方がいいと思いませんか?

褒め言葉から距離感の保ち方まで、重要なのは相手に自分を意識させることです

そのためには適度な“謎”を与えることなのです

このページの先頭へ