ホテルに誘いたいときに知っていると便利な断りにくくするテクニック

基本と言えば基本のテクニックで当たり前のことのようなことですが、これをうまく使っている人が意外と少ない盲点的なテクニックをお伝えします

人間には“返報性の原理”というものが潜在意的に備わっています

これは、受けた恩は返さなければならないという衝動的な感情を持つことです

この返報性を使う上での重要な点は“相手に好意を施された”と認識させることにあります

その認識が無ければ作用しない法則です

逆にそう認識させられれば、相手にとっては全然嬉しくない施しでも十分に作用する法則です

ある宗教団体は一方的に花を配るというような行為をはじめて莫大な寄付金を集めはじめることに成功したという歴史的な事例があります。これは人々が無条件で渡された花に対し、返報性の原理が働き強要されてもいない募金をしなければならないような衝動に多くの市民がかられたというものです

身近なものだと、デパートなどで人が配っているタイプの食品の無料試食などもいい例です

無人で試食コーナーを設けておくのに対して、人が配っているというだけでその売れ行きは全く違ってくるというデータが取れています

これも人間の返報性を表しています

この返報性を有効に使った誘い方は、単純なものはプレゼントです

これまで述べたように、このプレゼントは相手が特質して喜ぶようなものではなくてもかまいません

つまり、素直に花や、小さな小物なのでいいのです

ただ、重要なのは渡すタイミングです

ホテルに誘いたいなら、帰り際、ホテルにお持ち帰りできるか、帰ってしまうかの瀬戸際・・・サッとプレゼントを渡します

そして、不自然ではない程度に時間をおき、誘ってみてください

相手は相当断りずらいです

そして、何か理由が無い限りはかなりの確率でOKしてくれます

まあ、悪用とも言える心理テクニックですが、すさまじく有効です

また、断られてもこのプレゼントにはかなり有効な効果をもたらします

まず、この流れで断った場合、相手は相当あなたに負い目ができます

返報性に加え、断ったことが悪いことのように感じてしまうのです

そして、相手のその心理状況はかなり長期にわたり女性を縛ります

家に帰ってもそのプレゼントを見ればあなたを思い出しますしそして、その罪悪感も多少なりと思い出します

つまり、プレゼントがあなたを意識することと罪悪感を重複してもたらすのです

これであなたとその女性の関係は、かなりあなたが優勢に進めていける流れになります

何気ないどうでもいいプレゼントをタイミング次第でうまく使うとかなり効果的な心理を作り出す“依存を起こす贈り物”になるということです

これはナンパした女性にも使えるテクニックですのでさり気なく相手に渡すことができるようなものを常に携帯しておき、ここぞとばかりにそれを渡せばいいのです

ナンパなら、帰り際に
「出会いと今日の記念にコレあげるよ」
とさりげなく渡して
「今日のこと忘れられたら悲しいからコレを見たら俺を思い出してね」
と付け加えて、そのまま自然な流れで
「でも、やっぱり一人になるのは寂しいなあ、もっと一緒にいてよ」
と誘いをかければいいのです
そういった意味で自然に携帯しておけるのは、有効なのは、女性が多少かわいいと思えるような携帯ストラップやブランドもののストラップ、あと、値段がわからないので安物の指輪なども効果的です

私はそういったものをいつも携帯しています

このページの先頭へ